BEAU DESSIN(ボーデッサン)のショルダーバッグ | おすすめ!メンズショルダーバッグ特集

おすすめ!メンズショルダーバッグ特集
Home » BEAU DESSIN(ボーデッサン)のショルダーバッグ
06月13日更新

BEAU DESSIN(ボーデッサン)のショルダーバッグ

BEAU DESSIN(ボーデッサン)は、1979年操業の日本製鞄メーカーです。
当時、各鞄メーカーは、問屋からのライセンスブランドの注文を受けて作っていることが多かった時代で、そんな状況を打ち破るべく海外のモデルを参考に立ち上げられた会社です。
作り手がそのままブランドになっている海外のビジネスモデルを参考に、30年以上前の早い段階からメイドインジャパンの革鞄を自社で作り続け、今では高い評価を得ています。

ボーデッサンの鞄は全て自社工房の職人による手作業で作られており、革の裁断から縫製に至るまで自分たちの工房で行われます。
職人一人一人の個性の数だけ新しい鞄が生まれる、というのがモットーで、革の裁断も自分たちで行う事で次々に新しい鞄のアイデアが実現できるような体制が取られています。

メンズのショルダーバッグは、大きいマチのたっぷり荷物が入るサイズで作られています。
レザーは、ライダースジャケットなどの衣料用革素材を扱うイタリアのモンテベロ社より取り寄せており、独特の風合いとヴィンテージ感が味わえる”ワビサビ”という名のレザーを使っています。
前面には大きなフロントファスナーポケット、背面にはボタン式ポケットが2つついていて、それぞれB5サイズのノートが入ったり、手帳が入ったりと使い勝手は十分です。
ビジネスに使えるのはもちろんのこと、1泊2日程度の出張ならばこの鞄一つで対応できてしまうでしょう。

2WAYタイプで楽しみたいなら、くたっとした質感が印象的な2WAYトートバッグがオススメです。
トートバッグという名前が前面に出ていますが、その実ショルダーとしても大変優秀な鞄です。
マチは薄く、ショルダーにする際には二つ折りにしてフラップ鞄のように使います。
ショルダー部分のベルトは長さ調節が可能で、肩から下げても、斜めがけでも使える便利な仕様です。
なんとB4サイズも収納できるということで、大切な書類を持ち歩く人や、取引先で製図を見せる…など大きいものを普段持ち歩く方にはオススメです。
とりわけ、出先で荷物が増えてしまった…というときに手提げタイプに持ち帰られるのは大きな魅力でしょう。

top