Porter Classic(ポータークラシック)のショルダーバッグ | おすすめ!メンズショルダーバッグ特集

おすすめ!メンズショルダーバッグ特集
Home » Porter Classic(ポータークラシック)のショルダーバッグ
02月22日更新

Porter Classic(ポータークラシック)のショルダーバッグ

Porter Classic(ポータークラシック)は、2007年設立の鞄ブランドで「世界基準のスタンダード」をコンセプトに掲げています。
次世代、孫の代までと長く愛される鞄作りを追求し、日本製にこだわって作られています。

ポータークラシックのショルダーで人気が高いのは、「スーパーナイロン」のシリーズです。
フライトジャケットで良く使用される丈夫なナイロン糸で本体素材を織り上げていて、インディゴを含んだ特殊な染料で染め上げています。
これによりデニムのようなヴィンテージ感ある色ムラとナイロン独特の光沢を併せ持った材質を実現しました。
合成繊維を染め上げるのは高い技術と手間ひまがかかるので、こだわりをもって鞄を作るメーカーでなければこうした素材を扱う事はできません。

鞄は大きなジッパーで、開けると中身が一望できるサイズ感です。
A4サイズが入り、雑誌やお弁当、ペットボトルにスマホ…といった大抵の荷物を一式詰め込む事ができます。
ビジネスマンにはもってこいの収納量だと言えます。
また、ポケットも豊富で、細々した小物を整理しておくのにぴったりです。

ジッパーにもこだわりが光ります。
Porter Classicの刻印が入ったジッパーは、オリジナル開発されたものです。
本体のヴィンテージ感に合わせるように、ユーズド加工が施されています。
これによって全体に統一感が生まれ、カジュアルな普段使いにも肩肘張らずに提げていく事が出来ます。

面白いデザインのショルダーと言えば、「トリコロール」のシリーズです。
ポケット部分に、レッドとホワイトのラインが刺繍されていて、これが本体のデニムと合わさって”トリコロールカラー”になります。
このシリーズの面白い点は、何とリバーシブルで使える2WAYショルダーだという点です。
表側は大きなロゴと”LOVE”の文字がアクセントになっている仕様ですが、裏返しにひっくり返すと異なるシンプルなデザインが顔を出します。
サイズ感とデザインから女性的な印象になりがちですが、シンプルな内側のデザインにすることで違った楽しみ方も出来るのです。

top